パートナー

住所
ノボ ノルディスク ファーマ株式会社
東京都千代田区丸の内2-1-1

電話番号: 0120-180710

– ウェブサイト :
www.novonordisk.co.jp


モバイルアプリケーション

Health2Sync – 糖尿病ケア

インスリンペンをスマー

トにするマリヤ・

フレックスタッチ®

Mallya collecte automatiquement les données d’injection (dose, date et heure) et les transmet en temps réel à une application mobile de suivi du traitement grâce à la technologie Bluetooth. Mallya est aujourd’hui le seul dispositif disponible dans sa catégorie à être marqué dispositif médical CE classe IIb. Les informations remontées sont garanties avec un haut niveau de fiabilité.

マリヤ・フレックスタッチ®は、注入データ(投与量、日時)を自動的に収集し、Bluetooth技術を使用して治療モニタリング・モバイルアプリケーションにリアルタイムで送信します。


生活になじみ、

Quick Start
Guide

取扱説明書

General
T&Cs

一般的な質問

“マリヤ®”は、ノボ ノルディスク フレックスタッチ®ペンの付属品で、インスリン注射のデータを収集し、Bluetoothでスマートフォンに送信するものです。
マリヤ®は医療機器ではありません。

マリヤ®はインスリン投与データを記録し、このデータをパートナーアプリケーションと共有します。このように、マリヤ®は、パートナーアプリケーションでこの機能を有効にすると、糖尿病患者の完全かつ正確なインスリンデータの追跡と、医療チームとの共有を可能にします。

もちろんです。基礎-追加インスリン療法を行う場合は、速効型インスリンと遅効型インスリンの2種類のマリヤ®を使用することが推奨されています。インスリンのデータをすべてログブックに記録することができる、最も安全で便利な方法です

同じマリヤ®を2台以上の接続機器で使用することは、現在のところ不可能です。つまり、マリヤ®は1台の携帯電話だけで使うことができるのです。他の携帯電話でマリヤ®を使用する場合は、再設定(リセット)する必要があります。

マリヤ®はフレックスタッチ®ペンと互換性があり、フレックスタッチ®ペンのみに対応しています。対応ペンの一覧は、マリヤ®の使用説明書をご覧ください(または、Mallya.comで詳細情報をご確認ください)。

同じマリヤ®を2台以上の接続機器で使用することは、現在のところ不可能です。つまり、マリヤ®は1台の携帯電話だけで使うことができるのです。他の携帯電話でマリヤ®を使用する場合は、再設定(リセット)する必要があります。

いいえ、マリヤ®デバイスの使用には、医療認可は必要ありません。ただし、主治医と相談することをお勧めします。

インスリンペンに装着されたマリア®は、通常のインスリン注射を行う際の妨げになることはありません。マリヤ®は、音と信号灯で注射の終了を示すガイド機能もあります。詳しくは、あなたのインスリンペンおよびマリヤ®の使用説明書をご覧ください。

技術的な質問

まず、マリヤ®を箱に同梱されているUSBケーブルを使って充電器に接続する必要があります。プラグを差し込んだら、LEDが緑色に点灯し、ゆっくりと光の強さが変化することを確認します。10分間充電した後、USBケーブルを外し、LEDがオレンジ色に点滅していることを確認してください:これで、マリヤ®のキャリブレーションを行うことができます。

バッテリーの残量が少ないです。プラグを差し込んで約2時間放置し、フル充電してください。

“マリヤ “の電源を初めて入れるときは、USB電源ケーブルで10分間接続するだけです。その後、マリヤ®のキャリブレーションとペアリングを行い、使用することができます。フル充電に要する時間は約2時間です。」

はい、オレンジ色のLEDがゆっくり点滅します。マリヤ®を付属のUSBケーブルで接続し、約2時間放置することで最適な充電が行われます。

あなたのマリヤ®をどの程度使うかにより異なります。ただし、1日3~4本注入する場合、マリヤ®は1週間に1回の充電が必要になります。

最低で2年間です。

「マリヤ®は、フレックスタッチ®ペンのインジェクションボタンに組み込んで使用します。使用説明書に従って丁寧に装着してください。
マリヤ®の透明な部分を持ち、その切込み部分をフレックスタッチ®の投与量表示部に合わせてください。
そして、マリヤ®をフレックスタッチ®ペンに挿入し、手のひらでマリヤ®をペンに完全に挿入されるまで押してください。」

新しいフレックスタッチ®ペンに装着または転送した後は、忘れずにマリヤ®を起動してください。

フレックスタッチ®の使用説明書に従い、最大2IUまでがプライミング容量の確認としてあらかじめタグ付けされ、治療用量の投与まで2分待ちます。2分以内に治療用量が投与された場合、プライミング[インスリン流量確認]タグが割り当てられ、そうでない場合は治療用量として記録されます。

「インスリンを注射したかどうかわからない場合は、注射を繰り返さないでください。
医療従事者の指示に従い、治療内容と血糖値をモニターしてください。」

「マリヤ®による投与量の記録精度は99%であり、注入量と記録量に1IU程度の誤差が生じることがあります。この場合、パートナーアプリケーションでいつでも手動で投与量を調整することができます。」

いいえ。実用上の理由から、マリヤ®はペンに装着したままにしておくのがベストです。

はい、できます。適切な保管条件については、フレックスタッチ®ペンの使用説明書に従ってください。

「マリヤ®がUSB充電ケーブルに接続されていないことを確認してください。軽く湿らせた糸くずの出ない布で、micro-USBポートを濡らさないように注意しながら外装を拭いてください。必要に応じて、少量の中性洗剤を使用することができます。 柔らかい布で表面を拭いて乾かしてください。」

マリヤ®は防水仕様ではありませんので、マイクロUSBポートは絶対に濡らさないでください。

外部から機械的な衝撃(打撃、落下など)や過度のストレスを与えると、本機の故障の原因となることがあります。故障した場合は、装置を使用せず、注入ペンで治療を続けてください。技術サポートについては、使用説明書に記載されているノボ ノルディスクのコールセンターまでお問い合わせください。

保存条件は-10℃~40℃、使用温度は2℃~35℃です。

安全性・機密性について

「収集したデータは、マリヤ®デバイスの内部メモリーに保存されます。
マリヤは、お客様のデータの安全性と機密性を保持するため、特に、不正な第三者によるデータの歪曲、損傷、公開またはアクセスを防止するために、適切な技術的セキュリティ対策を取り入れています。」

このデータにアクセスできるのはあなただけであり、親族や医療専門家など、第三者と共有することを決定することもできます。

「マリヤ®は過去100回分のインスリンの流出を保存しています。マリヤ®の内部メモリに蓄積されたデータは、リセットすることですべて消去されます。」

適用される規制に従い、またそこに定義された条件のもと、お客様はいつでも、ナビゲーションデータに関してはモバイルアプリケーションの専用オプションのチェックを外すことにより、また投与量、注入日時に関するデータに関してはマリヤ®デバイスをリセットすることにより、お客様の権利(データへのアクセス、データの修正、データの削除、異議申し立て、データ持ち出し、データ処理の制限)を行使することが可能です。

モバイルアプリケーション

対応アプリの一覧は、マリヤのホームページ(https://my-mallya.com/ja)にてご確認いただけます。

マリヤ®のペアリングは、携帯電話のBluetooth設定からではなく、アプリから行います。アプリをダウンロードした後、スマートフォンのBluetoothを有効にして、アプリの指示に従ってマリヤ®とスマートフォンをペアリングするだけです

アプリが起動し、スマートフォンのBluetoothが有効になっていれば、マリヤ®が近くに来た時点で、データがアプリにアップロードされます。そのため、注入時に携帯電話を持っていなくても、後から自動で同期が可能です。

注射を打つときに、アプリケーションに接続している必要はありません。マリヤ®は、接続されていなくてもデータを記録します。アプリにデータをアップロードしたいときは、何もしなくても、スマートフォンのBluetoothが有効で、アプリが起動していれば(バックグラウンドでも)、マリヤ®を近づけるだけでできます。

複数のアプリケーションを同時に使用することはできません。ペアリングの段階では、マリヤ®とアプリケーションの間に安全な接続が作成され、データセキュリティ(個人情報および健康)の理由から、他のアプリケーションとのペアリングを防止します。マリヤ®を他のアプリケーションとペアリングする場合は、リセットする必要があります。

インターネットに接続されていない状態でも、Bluetoothを起動するだけで、マリヤ®とアプリのペアリングが可能です。